文在寅(ムン・ジェイン)政府、「スタートアップの支援策は続く」

韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政府が年内に創造経済革新センターを「国民アイデア創業のハブ」に変えると発表しました。 「電子新聞」の報道によると、政府は年末まで創造経済革新センターを大企業主導でなく、民間が主導する形に変え、国民の創業アイデアの専従窓口の役割を強化する一方、この過程で、全国18カ所にある創造経済革新センターも、成果によって統廃合するそうです。

名前も難しい「創造経済革新センター」はスタートアップを支援するため韓国政府が作った機関です。

もちろん、スタートアップを支援し、創業の活性化にはより積極的に乗り出すと思われます。 文在寅(ムン・ジェイン)政府は就職率の問題を解決するための政策を公約として発表したことがあります。 そのため、大統領直属の国家雇用委員会を設置し、公共部門の雇用創出を公言しています。 また、大企業中心でなく中小企業を育成する一方、革新的なベンチャー企業の雇用創出などを通じて、中小企業の育成と雇用増大の効果を作る計画だそうです。

創造経済革新センターの国民アイデア創業ハブ転換の計画もこのような戦略の一環だと思っていいでしょう。実際、韓国の「ユアンタ証券」が発表した「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の公約分析報告書」によれば、韓国の雇用形態は法人が47.9%で最も高い。 雇用の大抵は法人会社が作るとも言えます。しかし、勤めている人の規模を見れば、50人未満の会社が全体の約半分を超える50.6%です。 したがって、良質の雇用創出のためにはスタートアップとベンチャー、中小企業に対する政策的な支援は必然とも言えるでしょう。

この観点から考えてみれば、文在寅(ムン・ジェイン)政府の雇用創出政策は大きく2つの方向で進められる思われる。 ユアンタ証券の「ユン・ジュホ研究院」は報告書を通じて公共部門の雇用拡大のほかにも、べんシャー企業1万社養成、あるいは、2兆ウォン規模の国家ファンドを作るなど、50人未満のスタート・アップを含めた中小企業の育成政策に関する発表もあると予想しています。

創造経済革新センターは全国18カ所にあって、それぞれの大手企業が管理してました。

また、国政壟断事態(崔順実(チェスンシル)事態)以降、中断されたベンチャー投資の育成策も再開されると思われます。 実際に「電子新聞」の記事でも政府が2018年まで年間2,000個以上のスタートアップを作り出すことを目標として立てたと明らかにしています。

したがって、文在寅(ムン・ジェイン)政府は、既存の創造経済革新センターは、民間が主導する形態に転換し、政府が支援する方式で進めると予想されます。またスタート・アップに対する支援策も続く見えます。

原文:문재인 정부 ‘창업 활성화는 계속된다 – VentureSquare

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください